トイレが水漏れしたときの対処の仕方

トイレが水漏れしたときの対処の仕方 トイレを使っていて、チョロチョロと音がしていたら、トイレ 水漏れの可能性があります。よくあるのが、水を貯めておくタンクに何らかのトラブルが起きているケースです。タンクの内部に異物が入るとか、長年使用しているうちに部品が損傷したり、腐食したりするとか、いろいろな原因が考えられます。トイレ 水漏れに対処するときは、故障箇所をよく見極めることが大事です。他には給水・排水管などを繋ぐ接合部分の不具合や、ウォシュレットの故障トラブル、便器自体が損傷しているケースも考えられます。故障箇所によっては自分で修理することも可能ですが、ウォシュレットや排水管の水漏れは業者に依頼するしかありません。いずれにしても応急処置は必要です。

■トイレの水漏れの応急処置

トイレ 水漏れを放置すると、他の場所にまで被害が及ぶ可能性があります。自分で修理できない場合でも、まずは応急処置を行うことが重要です。それでも止まらないときは、まず止水栓を閉めます。止水栓を閉めれば、水が供給されなくなり、水漏れは止まります。場所はタンクの給水管に付いており、ドライバーで開け閉めが可能です。止水栓を閉めたら、ウォシュレットの電源を抜いてください。
電源プラグが入ったままの状態で作業すると、漏電や感電のリスクがあるので大変危険です。水が漏れている箇所にはタオルを巻きつけておけば、被害を最小限に抑えられます。バケツを下に置いておくと、床が浸水する被害が防げます。また、少量の水漏れで場所が特定できない場合、疑われる部分にタオルを巻き、翌日、タオルがひどく濡れている場所があれば、水が漏れている箇所が特定できます。

■自分で修理するケース
接続部分のゆるみやパッキンの劣化、タンク内の部品の劣化や故障の場合、自分で修理できる場合があります。給水管の接続部分のナットが緩んで水が漏れるのは、比較的多いケースで、目で見て確認できるので対処も難しくありません。工具でナットを締め直せば解決できます。ナットを締めても解決しないときは、パッキンの劣化が考えられます。給水管の接続部分に設置されているので、寿命が来ていれば、すぐに交換します。
トイレの型番を調べ、ホームセンターで適合するパッキンを購入し、レンチを使って新旧のパッキンを付け替えます。タンク内の部品が劣化や破損していると、給水が止まらなくなり便器内に水が漏れ出します。ボールタップはパッキン交換で対処し、ゴムフロートやオーバーフロー管は新品に交換しましょう。

■業者に依頼するケース

ウォシュレットの故障で、ノズルから出る水が止まらなくなることがあります。ウォシュレットのノズルに設置されている弁が、何かの原因で故障し、機能しなくなっていると考えられます。ウォシュレットは電化製品で、電気系統の不具合が起きているため、素人が分からずに修理を行うのは危険です。
また、床下にある排水管が劣化し、損傷、詰まりによって水が漏れているケースがあります。トイレの床下は個人で修理できる場所ではありません。便器のどこにも水漏れが発見できないのに、床が浸水してしまった場合は、床下排水管の不良が考えられます。ウォシュレットの故障と同様、トイレ修理業者に点検、修理を依頼するようにしましょう。

■まとめ
ホームセンターで部品を購入できて、簡単な作業で安全にできるなら、自分でトイレ 水漏れの修理をしても問題ありません。しかし、水漏れの原因が分からず、自分で修理しても症状が解消しない、床下から水が漏れている場合は、すぐに止水栓を閉めて業者に依頼した方が良いでしょう。応急処置をした後の本格的な修理は業者に任せた方が、確実で安心できます。自分で知識もないのに、修理であれこれいじってしまうと、状態を悪化させることに繋がるので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース